車庫証明のよくある質問その5

「今回は車庫証明の必要地域についてのよくあるお問い合わせです。

普通車では車庫証明申請の住所地が「村」の場合は車庫証明が不要となります。


ただし、平成の市町村大合併で現在の住所地は市になっていても、旧村の場合は以前と同じように車庫証明が不要となりますので、注意が必要です。


当事務所にもせっかく郵送頂いたのに、「車庫証明が不要な地域でした」と返送させて頂いたことも多々ありますので、ぜひご確認ください。


こちら、長野県の東信地域では特に、現在は佐久市になっている、桑山・甲・駒寄・塩名田・御馬寄・八嶋・八幡・蓬田地域は旧浅科村で車庫証明が不要です。


また、現在は東御市になっている、小日向、島川原、下之城、羽毛山、布下、御牧原、八重原は旧北御牧村で車庫証明が不要です。


さらに現在は佐久穂町になっている、千代里、畑、穂積、八郡は旧八千穂村で車庫証明が不要となっています。


軽自動車は車庫証明が不要な地域があり、長野県では、長野市・松本市・上田市・飯田市のみが必要地域になっていますが、こちら上田市ではさらに平成18年の上田市、丸子町、真田町、武石村の市町村合併で新たな上田市となっているため、実際に軽自動車の車庫証明届出が必要なのは、この合併以前から上田市であった場所のみとなります。


長野県にお住いの方でも合併により、戸惑うことが多いかと思います。


心配な場合は書類送付前にご連絡下さい!」